現在の我が国内においての「パート」のあり方については、これまで様々な労働争議や労働争訟などが提起されてきたおかげのせいもあり、近年においての労働法のあり方やそれへの理解の

我が国内においての「パート」の実態
我が国内においての「パート」の実態

我が国内においての「パート」の実態

現在の我が国内においての「パート」のあり方については、これまで様々な労働争議や労働争訟などが提起されてきたおかげのせいもあり、近年においての労働法のあり方やそれへの理解の充実がなされてきたといっても過言では無いのかもしれません。もちろんパートはいわゆる正社員や正規雇用職員などとは異なる[短期間労働者]にあたるものですが、現在の我が国日本国憲法上の27条1項にある勤労の権利(労働基本権)を有する労働者には変わりません。このため、いくらパートではあったとしても、法的にも当然、労働争議権・労働交渉権・労働団結権などはあることになります。しかし残念ながら、現在の我が国内においては、そうした労働基本権などの内容を理解しようとしない風潮が多いのがとても残念でなりません。

やはりこうした我が国においての風潮といったものの原因の多くは、学校教育などの場においてきちんと労働法や日本国憲法などの民主主義教育などがされていない実態に大きな原因があるようにも思われます。かつて、あの悲惨な第二次世界大戦といった愚かな戦争を起こした国なので、こうした労働法などをはじめとする人権教育などはきちんとやるべき事案であると考えさせられます。

Copyright 2017 我が国内においての「パート」の実態 All Rights Reserved.