会社における社会保険担当による方からパートさんに関する社会保険の加入についての質問が来る場合があり、そもそも、パートタイマーについては社会保険の対象であるのかといった疑問

我が国内においての「パート」の実態
我が国内においての「パート」の実態

パートタイマーにおける社会保険について

会社における社会保険担当による方からパートさんに関する社会保険の加入についての質問が来る場合があり、そもそも、パートタイマーについては社会保険の対象であるのかといった疑問に関して持っている方も少なくないかもしれません。そして、現在の規定においては、パートタイマーであったとしても、正社員の4分の3以上勤務されているような場合については社会保険(厚生年金や健康保険)に加入していかなければならないことになっており、例として正社員に関する週所定労働時間が40時間であるならば、週30時間以上勤務されているパートタイマーについては、社会保険に加入していくことになっています。

つまり、本人による意思については関係なく、法律上においては加入させていく義務が会社にあるわけであり、反対にこれらの条件に該当することがなければ、いくら本人において加入希望があったとしても、加入させていくことはできないということになります。しかし、現状においては週30時間以上勤務をしている場合であったとしても、社会保険に加入されていない場合が少なくないらしく、その理由に関しては「会社」や「パートタイマー」による双方の事情にあります。

Copyright 2017 我が国内においての「パート」の実態 All Rights Reserved.